スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京成杯(G3)回顧:糞騎手たちが夢の競演。糞騎乗を連発し多くの素質馬を馬券圏外に飛ばす糞レースを演出!!!


京成杯の予想記事においてタイトルを「重賞とは思えないほど低調なメンバー構成。これなら新馬勝ちだけの実績しかないあの馬にもチャンスが???」とさせていただいたのですが、誤っておりました。


「重賞とは思えないほど低調な騎手構成。これならG1二勝の実績しかない田辺さんにもチャンスが???」とすべきだったと反省しております。


それにしても情けない騎乗のオンパレードでしたね。「京成杯 一番糞騎乗したやつだれ?」という糞スレ2chに立ち、しかも意見が分かれるほど糞騎乗が頻発した糞レースでした。

ドン詰まり
→柴山さん、柴田大知さん、柴田善臣さん、蛯名さん、戸崎さん


出遅れ
→柴山さん、内田さん


無気力
→横山典さん



本当に下手糞しかいないのですからはやく海外騎手、地方騎手の皆様に淘汰されてほしいと願ってやみません。


なお戸崎さんにいは、ポポカテベドルの馬券を購入していたという個人的な事情もあり、怒り沸騰でございます。


「手応えは良かったのですが、追ってからもたつくので、入りたいところに入れませんでした」とは戸崎さんの敗戦の弁ですが、前走のシュタルケさんの糞騎乗を見ていればジリ馬であることは馬鹿でも分かったはずです。にもかかわらず追い出しを遅らせた結果、見事にドン詰まる結果となりました。さすが戸詐欺さんです。今週はここまで1番人気 12回、2番人気 3回、3番人気 2回、4番人気以下 4回という馬質で1-4-1-15とは恐れ入りました。


下手すぎワロタとはあなたのことです。



以上、私的な怨念を詰め込んだ回顧記事でした。



ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。

関連記事


日経新春杯(G2)回顧:ミッキーロケット快勝!!ヘボ福永さんとヘボ高野調教師のおかげで簡単なレースでございました(笑) | Home | 愛知杯回顧:岩田騎手が1年4か月ぶりに重賞制覇。強い馬にさえ乗れれば結果を出せることを証明!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。