(展望)スプリンターズS:福永騎手が1番人気決定で、お祭りも確定か。最内枠をドン詰まり王がどう捌くかに要注目!!!


秋のG1初戦「スプリンターズS」。


初戦から福永さんが1番人気ということで、


今から胸騒ぎが止まりません。


前走の神騎乗(逃げたことでいろいろ批判もあるようですが、わたしは良い騎乗だったと評価しております)も、壮大な前振りにしか見えないのが、我らがスター福永さんの偉大な所でございます。


今回は1枠1番ということで、ドン詰まり王の福永さんがどのように馬群を捌くのかに要注目です。
(逃げない宣言が「詰まります宣言」にしか見えないのは私だけでしょうか?)



あと今回のレースで面白いのは騎手の移り変わりが激しいこと。


・ブランボヌール:戸崎→武豊

・ソルヴェイグ:丸田→田辺

・シュウジ:岩田→川田

・ベルカント:武豊→デムーロ→蛯名

・レッドアリオン:武豊→川須

・ウリウリ:デムーロ→戸崎


陣営の様々な思惑が絡んで、大変に結構なことでございます。


見どころといたしましては、


・ベルカント陣営のやる気のなさ

・武豊さんの節操のなさ

・丸田さんの悲哀


あたりでしょうか。


これだけでも酒が進みそうです。


一方で、これだけ乗り替わりが多い中、一貫して松山さん、浜中さんを起用し続けるミッキーアイルおよびダンスディレクター陣営の忍耐強さ・投げやり感には本当に頭が下がる思いです。


これが吉と出るか、凶と出るか。


これまた楽しみではないでしょうか。


ちなみに、わたしはベルカントもウリウリも捨ててレッドファルコンに騎乗するデムーロさんに賭ける予定です。


※盛大に出遅れる気がしないでもないですが……




関連記事


【2016年10月第1週の糞騎乗】福永騎手が大一番スプリンターズSで伝統芸のドン詰まりを披露!ビッグアーサーの春秋連覇を華麗に阻止! | Home | (展望)凱旋門賞:フランス人騎手ルメール登用で、日本馬による初の凱旋門賞制覇なるか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する