【10月第3週の糞騎乗】糞騎乗メーカー柴山騎手の本領発揮!!タイセイプレシャスなど被害馬が続出(涙)


大変遅くなってしまい申し訳ありませんでした。


秋華賞における福永祐一大先生の神騎乗をリアルタイムでお届けできず痛恨の極みでございます。


展望においては、「無難に外を回して、当たり障りのない競馬をし、煮え切らない結果になるのではという予感がする」と書いたのですが、半分当たり、半分外れました。


まああれだけ強い勝ち方をされると、無難に外を回すことが正解だったわけでして、素直に脱帽でございます。位置取りも素晴らしかったです。


では、本題に戻りまして、今週のワースト糞騎乗は10/16(日)東京7Rにおいて、タイセイプレシャスに騎乗した柴山騎手に差し上げます。


道中からして立派な騎乗でしたが、4角での進路取りには、さすがの私も目を疑いました。

※4枠6番の青帽子

「これが柴山、なんだよなあー」

「安定の柴山品質ですね。」

「安定の柴山スタイル。出遅れからの大外出しで届かない。」

「ねっ言ったでしょw直線で右に左にうろうろ、なにしてんのよ。俺はこの夏柴山に大分痛い目に合ったので見して正解でした。乗り代わりで買います」

「こんなのに馬が集まってしまう現行のエージェント制度を何とかしないと。道中の捌き、4角とこれ以上ないぐらいすべて最悪。道中で無駄に引いて被せられなきゃ絶対2着はあったからね」

「騎手の人柄が良くて馬が回ってきてしまうんでしょうね。」


罵倒の声もあるにはあるのですが、それと共に、人生の悟りを開いたかのよう諦観溢れるコメントや、柴山さん個人の話に留まらずエージェント制という競馬界全体にまで視野を拡げた批判が届くあたり、柴山さんの偉大さが窺われます。


さすがは知る人ぞ知る「糞騎乗メーカー」です。


実は柴山さん日曜日はタイセイプレシャス以外にも東京6Rラーリオ、10Rティーポイズン、11Rライズトゥフェイムでも中々に魅せてくれていますので、興味がある方はご確認ください。






では、それ以外の糞騎乗も紹介します。
(抜け漏れご容赦ください。Twitterもしくはコメントでご指摘いただけると幸いです。)


------------
◆土曜日
------------

東京11R ノガロ(藤岡康)

2週連続でご登場いただき感謝感激です。先週と同様の過ちを犯し、「馬鹿は学ばない」という格言を地で行くあたり、もう言葉もありません。まあ藤岡康太さんの騎乗馬を2週に渡ってメインの1番人気にする競馬ファンこそ「馬鹿は学ばない」を体現しているといえなくもないのですが……
※3枠3番の赤帽子


------------
◆日曜日
------------

東京5R スズカハイルーラー(菊沢)

無能に無策がかけあわされるとこうなるのも致し方ありません。新人だからといって糞騎乗が許されないのは当然のことです。
※1枠1番の白帽子




関連記事


10/15(土)・16(日)の被害馬出走結果 | Home | (展望)秋華賞:「1番人気では乗りたくない」と言われる難関コースを克服できるのはどの馬・騎手か??

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する