フェブラリーS(G1)予想②:急逝したゴールドアリュールへ餞の勝利なるか。デムーロ鞍上のゴールドドリームが父子勝利を目指す!!



では前回に引き続き、「モーニン@ムーアさんかゴールドドリーム@デムーロさんのどちらを選択するのか」という話をしたいと思います。


結論から言いますと、本命はゴールドドリーム@デムーロさんです。


モーニン@ムーアさんは如何せん近走の成績が悪すぎます。去年のフェブラリーSを勝って以来、かしわ記念、日本テレビ盃、武蔵野S、チャンピオンズCと4連敗中。特に同じ東京ダート1600mで行われた武蔵野Sでも敗れている点が不安でなりません。


「今年は去年以上」と石坂調教師がコメントしていることから能力落ちはないと信じたいところではありますが、石坂調教師はチャンピオンズCの時も「抜群の出来」と吹いていたことを忘れてはいけません。


またモーニンは揉まれ弱い馬ですが、今回内枠に入ってしまいましたし、ムーア騎手も馬ごみでの競馬を好む騎手ですので、惨敗まであるのではないでしょうか?


一方、ゴールドドリームは東京1600m巧者。前走のチャンピオンズCは出遅れが響き凡走となってしまいましたが、芝スタートの今回は巻き返してくるのではないでしょうか?


急逝したゴールドアリュール産駒ということで頑張ってほしいです。




ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。


関連記事


フェブラリーS(G1)回顧:ゴールドドリームがデムーロの神騎乗でゴールドアリュールへ弔いの勝利。カフジテイク津村さんには気の毒な結果に… | Home | 2/18(土)・19(日)糞騎乗被害馬出走一覧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する