京都記念(G2)回顧:サトノクラウンがマカヒキを退けて快勝。マカヒキは強さを見せることができず、サトノダイヤモンドの1強が確定か??

京都記念はサトノクラウンがマカヒキを退けて快勝。

マカヒキの敗戦は競馬界の盛り上がりという観点からショックでありますが、相手がサトノクラウンなら仕方のないところでしょうか?と言いたいところですがスマートレイアーにも負けているのを見ると、そこまで強くないとしか言えないような気もします。


これでサトノダイヤモンド1強がほぼ確定してしまった印象で、いまいち盛り上がりに欠けますね。


と思ったら、サトノダイヤモンドとマカヒキは春の対戦はないんですね。最初から盛り上がりには欠けていたようで、もうどうでもいい気がしてきました。「マカヒキを管理する友道調教師はレース後、次戦に予定している大阪杯・G1(4月2日、阪神)にはクリストフ・ルメール騎手(37)=栗東・フリー=と再びコンビを組むことを明らかにした。」ということですし、ルメールさんの使い分けという事なんでしょうか?川田さんとかどうですか?と思わなくもありませんが、川田さんではどうにもならないのでしょう。気持ちは分からなくもありません。


後は大阪杯でキタサンブラックさんに勝っていただいて、天皇賞で人気を吸ってほしいというのが唯一の願いです。今年の天皇賞春はサトノダイヤモンドさんで大勝負の予定ですので……


取りあえず大阪杯を作って競馬を盛り上げようというJRAさんの試みはとりあえず失敗に終わった気がしますね。


最後に3強の一角だったミッキーロケット@和田さんは4着。騎手のせいだとは思いませんが、やっぱりムーアさん、デムーロさん相手に一矢報いることはできなかったかと騎手のせいにしたくなりますね。まあ予想通りの結果なので、特に感想も何もないのですが…




ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。
関連記事


共同通信杯(G3)回顧:スワーヴリチャードが他馬に力の差を見せつけて快勝。クラシック戦線に名乗り!! | Home | 2/11(土)・12(日)糞騎乗被害馬出走一覧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する