スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中山記念(G2)予想:ルメールさん、デムーロさんの奪い合いが勃発した一戦。勝つのはどの陣営か?


今回の中山記念(G2)も激しい外国人騎手の奪い合いが行われております。


本当に素晴らしいことでございます。


本来ネオリアリズムは札幌記念を勝った時の鞍上ルメールさんに乗ってほしかったと推測しますが、ルメールさんはアンビシャスを選択。


ここからアンビシャス>ネオリアリズム…①という図式が成り立ちます。


そこで仕方なくネオリアリズム陣営はデムーロさんを確保しましたが、デムーロさんはリアルスティールさんに騎乗という選択肢もあったはず。


ここからネオリアリズム>リアルスティール…②という図式が成り立ちます。


①②より

アンビシャス>ネオリアリズム>リアルスティールとなり、私の結論は◎アンビシャスでございます。


簡単な予想でしたが、以上になります。こんな簡単な予想でも当たっちゃうので、なんだか真面目に予想している人にも申し訳ないですね…


なお穴馬を買いたい方はG1馬にもかかわらず過小評価されている??????を買っておけばよいのではないでしょうか?鞍上も中山芝1800mでは複勝率41.4%と好成績ですし、十分狙いは立つと思います


中山記念の穴馬を確認
ブログランキングへ


では皆様GOOD LUCK!!




ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。


スポンサーサイト


阪急杯(G3)予想:手薄なメンバー構成となった一戦。ロサギガンティアは四位さん鞍上でシュウジに太刀打ちできるのか?


netkeibaの予想オッズをみるとシュウジが単勝オッズ1.8倍と人気を集めそうでございます。

「過剰人気にもほどがあるでしょ」と思い、他の馬を見回してみますと、2番人気ロサギガンティア、3番人気ブラヴィッシモということで、アホみたいに手薄なメンバー構成でした。


これならばシュウジが人気を集めるのも納得でございます。


なお念のため2番人気ロサギガンティアの田辺→四位という騎手乗り替わりについて調べてみました。すぐに調子に乗る田辺さんと、いつも無気力の四位さんの比較というものには、レースを離れて個人的興味があったのも事実でございます。


なお調査結果は、過去5年、田辺→四位の場合0-0-1-5で勝率0%、連対率0%、複勝率16.7%であったのに対し、四位→田辺は1-2-1-8で勝率8.3%、連対率25.0%、複勝率33.3%でざいました。


つまり田辺さんの方が四位さんより上手いという結論になります。すぐに調子に乗る男の方が、無気力な男よりは信頼できるようです。実社会においてもたしかにそんな気はしますね。


そういうわけでロサギガンティアにシュウジ撃破を期待するのも酷であるというのが私の結論であります。


ですが、シュウジは人気し過ぎて馬券的に妙味がありませんし、川田さんの1番人気を買うのもどうかと思いますので、このレースは遊びで買うだけにします


というわけで、騎手の方面から穴馬を探してみますと、阪神芝1400mで一番好成績をあげているのはこちらの騎手の方でございました。馬の力は少し足りない気もしますが、今回のメンバーは足りない馬だらけのような気もしますので、騎手の力で激走もあるかもしれません。もしよろしければ参考にしてください。

阪神芝1400mを得意にしている騎手はこちら
人気ブログランキングへ




ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。




フェブラリーS(G1)予想②:急逝したゴールドアリュールへ餞の勝利なるか。デムーロ鞍上のゴールドドリームが父子勝利を目指す!!



では前回に引き続き、「モーニン@ムーアさんかゴールドドリーム@デムーロさんのどちらを選択するのか」という話をしたいと思います。


結論から言いますと、本命はゴールドドリーム@デムーロさんです。


モーニン@ムーアさんは如何せん近走の成績が悪すぎます。去年のフェブラリーSを勝って以来、かしわ記念、日本テレビ盃、武蔵野S、チャンピオンズCと4連敗中。特に同じ東京ダート1600mで行われた武蔵野Sでも敗れている点が不安でなりません。


「今年は去年以上」と石坂調教師がコメントしていることから能力落ちはないと信じたいところではありますが、石坂調教師はチャンピオンズCの時も「抜群の出来」と吹いていたことを忘れてはいけません。


またモーニンは揉まれ弱い馬ですが、今回内枠に入ってしまいましたし、ムーア騎手も馬ごみでの競馬を好む騎手ですので、惨敗まであるのではないでしょうか?


一方、ゴールドドリームは東京1600m巧者。前走のチャンピオンズCは出遅れが響き凡走となってしまいましたが、芝スタートの今回は巻き返してくるのではないでしょうか?


急逝したゴールドアリュール産駒ということで頑張ってほしいです。




ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。




フェブラリーS(G1)予想①:騎手の乗り替わり目まぐるしい中、巡ってきたチャンスをカフジテイクに騎乗する津村さんは活かせるのか?


今週は今年最初のG1フェブラリーSが行われるわけですが、それにしても騎手の移り変わりが凄いことになっていますね。


騎乗停止で乗り替わるサウンドトゥルーや怪我で乗り替わるカフジテイクは仕方ないにしても、それ以外のところでも、結構騎手の移り変わりがございます。


カフジテイク:福永→津村

コパノリッキー:戸崎→武豊

モーニン:戸崎→ムーア

ケイティブレイブ:武豊→幸

サウンドトゥルー:大野→未定

デニムアンドルビー:バルザロール→内田

ブライトライン:石川→石橋脩

モルトベーネ:デムーロ→秋山


ちなみにこの中で鞍上強化になっているお馬さんを知りたい方はこちらをクリック
人気ブログランキングへ


ムーアさんはチャンピオンズCではノンコノユメに乗っていたにもかかわらずモーニン騎乗ですし、そのモーニンを去年のフェブラリーSで勝たせたデムーロさんはゴールドドリームに騎乗。ルメールさんもチャンピオンズCではコパノリッキーに乗っていたわけですが、今回はノンコノユメに騎乗と、外国人騎手の奪い合いが節操なく行われております。


G1ということもあり、各陣営の思惑が入り乱れて、大変結構なことですね。


とはいえ、一番の注目は武豊→田辺→ルメール→戸崎と鞍上をころころ変えた結果、また武豊さんに戻すという何とも恥知らずな所業を見せたコパノリッキー陣営でしょう。


これによって今回のフェブラリーSの展開は大きく変わるかと存じます。


競馬ファンなら覚えておられるでしょうが、去年秋のチャンピオンズCはハイペースとなり、サウンドトゥルーの追込みが決まったわけですが、そもそもそのハイペースを演出したのは武豊さんでした。(実際に動いたのは武さん配下の田辺さんでしたが、実際はアウォーディーにとって有利な展開になるよう武豊さんが指示したであろうことは過去にこちらの記事で言及した通りでございます。)


それが、今回は逆に武豊さんがコパノリッキーで恫喝逃げをされるということでスローペースが決定でございます。


つまりは、カフジテイクやサウンドトゥルー、ノンコノユメといった後方待機組にとって苦しい展開になること必至でございます。


カフジテイクの鞍上津村さんは「これからのジョッキー人生が変わっていく」と悲壮な決意を明かしたらしいですが、悲しいことではございますが、きっとその決意も無駄に終わることかと存じます。


こればっかりは武豊の神の思し召しですので、津村さん如きにどうこうできる話ではないのです。本当に残念です。


というわけで、あとは好位勢の中から、どの馬を選ぶかという話でして、「G1は外国人騎手を買っておけばよい」という黄金則に照らし合わせますと、モーニン@ムーアさんゴールドドリーム@デムーロさんのどちらを選ぶかという選択肢になるわけです。本当に競馬は簡単ですね。


というわけで、次回はモーニン@ムーアさんかゴールドドリーム@デムーロさんのどちらを選ぶべきかという話をしたいと思います。


乞うご期待ください。




ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。



共同通信杯(G3)予想:クラシックへの生き残りをかけて、スワーヴリチャードとムーヴザワールドがいざ対戦!!


東スポ2歳Sでブレスジャーニーに惜敗したスワーヴリチャードとムーヴザワールドの戦いになりそうな今回の共同通信杯(G3)。


どちらを買うかという事で、それぞれの強調ポイントを整理してみました。


■スワーヴリチャードの強調ポイント
・前走はムーヴザワールドよりも外を回しており、余分に走っている
・直線も斜行した部分があり、余分に走っている
・それでもムーヴザワールドに先着している
・今回は少頭数なので、大外回っても、距離損が少なくて済みそう


■ムーヴザワールドの強調ポイント
・戸崎さんを確保できた
・スワーヴリチャードの鞍上は四位さんである


簡単に纏めますと、スワーヴリチャードの方が強そうだけど、四位さんが不安ということですね。


ただよくよく考えてみますと、ムーヴザワールドさんはルメール→戸崎と鞍上弱化しているわけでして、前走ルメールさんで勝てなかった相手に、戸崎さんで勝てるのかという疑問も湧いてきます。というわけで念のため調べてみました。


■四位→四位
79-77-70-490
勝率11.0%、連対率21.8%、複勝率31.6%。

■ルメール→戸崎
5-11-6-35
勝率8.8%、連対率28.1%、複勝率38.6%。
※過去5年のデータ


こちらを見てみますと、単勝を買う分にはルメールさんから戸崎さんに鞍上弱化した馬を買うよりも、四位さんが乗り続けた馬を勝った方が良いことが分かります。


そうなりますと騎手面では、スワーヴリチャードさんもムーヴザワールドさんも不安を抱えていることになりまして、それならば純粋に馬の能力として上であろうスワーヴリチャードさんを上位に取りたいところであります。オッズもスワーヴリチャードさんの方が付きそうですし…。


それにうっかり忘れていましたが、ムーヴザワールドさんには大きな不安要素もありますしね。

ムーヴザワールドさんの不安要素はこちら
人気ブログランキングへ


というわけで私の本命はスワーヴリチャード@四位さんで行きたいと思います。




ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。