スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【秋のG1成績まとめ】外国人騎手を買い続けた結果、11戦6勝、単勝回収率154%を達成!!日本人騎手の皆様のへぼ騎乗に感謝します!


9月から始めた本ブログ。悪趣味ブログながら多くの方にご愛顧いただいたこと、感謝いたします。


メインコンテンツの糞騎乗に関しましては、糞騎乗被害馬のコラムが単勝回収率250%超えとなかなか自慢してよい結果が出せたのではないかと自負しております。


また、G1の予想に関しましても、騎手を中心にした予想(といいますか、外国人騎手を買うだけの簡単なお仕事ではありますが…)を展開した結果、なかなか悪くない結果を出せたように思います。


1年の最後ということで纏めてみましたのでご参照ください。


スプリンターズS 
◎レッドファルクス 1着
単勝920円、複勝380円的中


秋華賞 
◎ジュエラー 4着

菊花賞 
◎サトノダイヤモンド 1着
単勝230円、複勝130円的中


天皇賞 
◎リアルスティール 2着
複勝350円的中


エリザベス女王杯 
◎タッチングスピーチ 8着

マイルCS 
◎イスラボニータ 2着
複勝180円的中


ジャパンカップ 
◎イラプト 14着

チャンピオンズC 
◎コパノリッキー 13着

阪神JF 
◎ソウルスターリング 1着
単勝280円、複勝120円的中

 
朝日杯FS 
◎ダンビュライト 13着

有馬記念 
◎サトノダイヤモンド 1着
単勝260円、複勝120円的中



【秋のG1成績】4-2-0-5
・単勝回収率 154%
・複勝回収率 116%


本命馬の鞍上はルメールさん6回、デムーロさん3回、ムーアさん1回、ブドーさん1回ということで、外国人騎手偏重は一目瞭然であり、恥も外聞もないのかと自分でも思わなくもありませんが、いかんせんこれで結果がついてくるのですから、仕方のないところでございます。


来年以降も日本人騎手の皆様の糞騎乗に便乗しながら儲けさせていただければと思います。


なお唯一の反省点はこちらでございます。
ブログランキングへ


この反省点を活かせれば、来年は更なる儲けが期待できるのではないでしょうか?というわけで、ぜひ皆様来年以降もご贔屓にお願いいたします。


では、皆様良いお年を!!



ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。

「糞騎乗は夢劇場」が合言葉です。

スポンサーサイト


(有馬記念展望②)サトノダイヤモンド騎乗のルメールさんは「自信があります」と強気の発言。果たして本当に信用して大丈夫なのか?


記事をデリートしてしまいすべてのやる気が失われてしまいましたが、せっかくの有馬記念ですので、気を取り直して展望を続けたいと思います。


今回はキタサンブラックと人気を分け合うであろうサトノダイヤモンドに騎乗するルメールさんについて。


まずはルメールさんが有馬記念について語っている様々なメディアのインタビュー記事をご覧ください。


【有馬記念】ルメール「スペシャルなレース」“トレセン芸人”お兄ちゃんが直撃 (netkeiba)



サトノダイヤモンド鞍上ルメール「一番大切なレース」/有馬記念共同会見 (netkeiba)



【有馬記念】サトノダイヤモンドは6枠11番 ルメール「もちろん自信があります」(スポーツ報知)




もうリーディング獲得目前の今一番信頼できる騎手といっても過言ではないルメールさんがこれだけ「自信があります」を連呼しているのですから、これはもうサトノダイヤモンドを買っておけば、それでいいんじゃないかと思わなくもありません。


が、果たしてルメールさんの「自信があります」はどこまで信用できるのかとふと不安になりまして、簡単に調べてみることに致しました。


ダービー(15):サトノクラウン
「自信があります」

3着


皐月賞(16):サトノダイヤモンド
「自信がいっぱいあります」

3着


ダービー(16):サトノダイヤモンド
「自信があります」

2着



宝塚記念(16):ラブリーデイ
「自信はあります」

4着


凱旋門賞(16):マカヒキ
「自信はあります」

14着



菊花賞(16):サトノダイヤモンド
「自信あります」

1着


天皇賞(16):ラブリーデイ
「適距離、自信があります」

9着


阪神JF(16):ソウルスターリング
「いっぱい自信があります」

1着


簡単に調べた範囲でしかありませんが、「自信あります」を発動しても必ずしも勝てているわけではない、むしろよく負けていることがお分かりになるかと存じます。つまりルメールさんの「自信があります」発言はまったくあてにならないのです。


というわけで、皆様におかれましては、ルメールさんの無邪気な法螺話を過度に信じぬようご注意いただければ幸いです。


更にもう一点サトノダイヤモンドさんには不安な点がございまして、難しいレースになる可能性もなきにしもあらずかと……

サトノダイヤモンドの不安点を確認
人気ブログランキングへ


なお最終予想はTwitterでつぶやきますので良ければフォローをお願いいたします。
https://twitter.com/kusokijou



ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。


(有馬記念展望①)ファン投票1位のキタサンブラックを勝利に導けるか??「逃げの天才」武豊さんの手綱捌きに要注目!!


有馬記念ということもあり、いつもより力を入れて展望記事を書きたいと思います。まずはファン投票1位のキタサンブラックに騎乗する武豊さんについて。


武豊さんといえば、日本競馬界を代表する騎手であることに疑いはないのですが、そんな武豊さんに関して、こんな失礼な記事を発見いたしました。


「逃げ恥」どころか「逃げ勝ち」だった武豊騎手の2016年。かつての「溜め殺し」代表騎手が晩年に花咲かせた新たな才能 ~2016年プレイバック3~



溜め殺し???


晩年???


もう失礼の極みでございます。

(普段騎手の皆様の悪口しか書かない私がどの口で喋っているのかという話は置いておきましょう)


しかもこの記事では武豊さんの逃げを新境地のように書いておりますが、実際は武豊さんが昔から逃げの名手であったことをご存じないように見受けられます。


■武豊さんの逃げ馬での成績

2006~2015年
262-132-73-281、勝率35.0%、連対率52.7%、複勝率62.4%

2016年
22-12-7-29、勝率31.4%、連対率48.6%、複勝率58.6%


このデータを見ていただければ、武豊さんが昔から逃げの天才であることは一目瞭然ではないでしょうか?武豊さんといえば、あのペリエ騎手をして 「ユタカは頭の中に時計を持っている。」と言わしめるほどに体内時計が正確で、ペース配分が上手な騎手であるというのが昔からの定説でございます。


そのような基本中の基本も知らずに競馬の記事を書くなんて言語道断だと怒り沸騰なわけでして、(普段騎手の皆様の悪口しか書かない私がどの口で喋っているのかという話はやはり置いておきましょう)、今回の有馬記念でも武豊さんの天才的な逃げを期待したいところでございます。


なお武豊さんの提灯記事である本記事においては、完全に蛇足ではありますが、キタサンブラックの気になる点を2つほどあげて、本記事を終わりにしたいと存じます。


一つ目の不安点は人気の逃げ馬という点。ジャパンカップは枠順にも恵まれましたし、空前のスローペースにも助けられました。今回はサトノダイヤモンドを勝たせたいノーザンファームのムスカテール、マリアライト、サムソンズプライド、トウシンモンステラ、同じ里見オーナー所有のサトノノブレスとキタサンブラックを潰しに来そうな馬が多数存在するのは気になります。


二つ目の不安点は武豊さん自身が言及しているこちらの要素。

二つ目の不安点を確認
人気ブログランキングへ


これらの不安要素を帝王・武豊さんが乗り越えられるのか、要注目でございます!!


なお最終予想はTwitterでつぶやきますので良ければフォローをお願いいたします。
https://twitter.com/kusokijou



ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。


(展望)朝日杯FS:ミスエルテ、サトノアレス、モンドキャンノといった有力馬に鞍上不安が目立つ一戦。勝つのは全G1制覇がかかる武豊さんか?期待の新人松若さんか?それとも??


今週行われる朝日杯FS(G1)ですが、なかなか買いたい馬がおりませぬ。


まず1番人気になるであろうミスエルテですが、買えない理由が山のようにございます。


差し馬ですのでスローペースになるのはよろしくないでしょうし、これまで戦ってきた相手が弱すぎまるので相手が強化される今回は力関係的にどうなのかとも思いますし、同じフランケル産駒のソウルスターリングが先週勝ったことで過剰人気になるのも嫌ですし、何より先週サトノアラジンで糞騎乗をかましたばかりの川田さんが鞍上というのがもう決定的にどうしようもなく駄目でございます。


じゃあどの馬が良いのかという話で、過去のレースを見て、強いと思えたのはサトノアレスモンドキャンノの2頭なわけですが、なぜか鞍上が四位さんにバルザロールさんと大幅に劣化しております。騎手が最重要と考えている予想ブログでこれらの馬を本命にするわけにもいきません。


ならば、もう開き直って、全G1制覇に王手がかかっている「帝王」武豊さんが騎乗するタガノアシュラでいいんじゃないかと思ったりもするわけですが、前走は恵まれた以外に何物でもなく、距離短縮&京都→阪神へのコース替わりの二重苦がある中、とても狙えそうにありません。


「帝王」も駄目なら、もう困った時のデムーロさんが騎乗するクリアザトラックでどうでしょう?と考えてみましたが、そもそも抽選待ちの身ですし、1戦1勝馬というのがリオンディーズと被りますので、また無駄に人気しそうなのも嫌でございます。そもそも新馬戦の勝ち方にリオンディーズほどのインパクトもありませんし…。


もうここまで選択肢が失われた今、とち狂ったと言われるのも承知で、松若さん騎乗の2戦2勝馬のアメリカズカップを買おうかとも思いましたが、あ~何ということでしょう、このようなデータと情報を見つけてしまいました。このようなことを知ってしまってはもう如何に自暴自棄になった私といえ、信じることなどできるはずもありません。


松若さんを買えない理由を確認
人気ブログランキングへ


もう今回はG1とはいえ予想も馬券もパスしようかと思いましたが、こういう時こそ大事なのは初心でございます。


というわけで、


◎ルメール


を今年の朝日杯FSの予想と致します。



・・・



ええ、実は少しも悩んでおりません。


だって、阪神芝1600mでは過去5年8-7-4-23で勝率19.0%、連対率35.7%、複勝率45.2%とすごい数字を残してるんですもん。逆らう方が馬鹿らしいです。


ただ、単に「ルメールさん本命」だけの記事だと中味が薄すぎるので、くどくど書き連ねたにすぎません。本当に申し訳ございません。愛嬌だと思ってご容赦ください。


馬券は単複で良いかと思いますが、相手を探すなら上手いと評判のシュミノーさんが騎乗するレッドアンシェルと穴馬の??????あたりでしょうか。


??????の鞍上は過去5年、阪神芝1600mでは複勝率36.3%と中々の数字を残しております。レベルが低いといわれる今年の一戦なら、騎手の力で穴を開けることも可能ではないかと存じます。


阪神芝1600mで複勝率36.3%の方を確認
人気ブログランキングへ

では皆様GOOD LUCK!!




ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。


(展望)阪神ジュベナイルF:「闇の帝王」武豊さん不在で、外国人騎手が猛威を振るうか?


ジャパンC、チャンピオンズCと二週にわたってG1を盛り上げてくださった武豊さん。


今週の阪神ジュベナイルFは不在でございます。
武さんは香港でエイシンヒカリに騎乗予定


これで安心して普通の競馬予想が行えます。何の事か分からない方は下記の2つの記事を参照ください。
→ジャパンCの回顧記事
→チャンピオンズCの回顧記事


で、普通の競馬予想ということで、過去5年の阪神芝外回りの成績を調べてみました。


まず苦手にしている騎手はと言いますと、嘉藤さん、城戸さん、木幡さん、丸山さんが勝率0%と燦然たる成績を残しておられます。


まあ、さもありなんという面子ですので驚きはないのですが…


逆に誰が得意かと言いますと、当然のようにルメールさんが22-12-10-54で勝率22.4%、連対率34.7%、複勝率44.9%と抜けた成績を残しております。


意外な所では、あの騎手も阪神芝外回りを得意にしており、6-0-5-24で勝率17.1%、連対率17.1%、複勝率31.4%という成績を残しております。


その意外に得意な騎手を確認
⇒人気ブログランキング

というわけで、この2人で馬券を買おうかなと今のところ思っております。


それにしましても、武さんも、福永さんも、デムーロさんもいないG1は盛り上がりませんね。



ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。