スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【12月第3週の糞騎乗】ベテランジョッキー柴田善臣先生がターコイズSで糞騎乗。アットザシーサイドさんに責任を擦り付ける糞コメントのおまけつき!!!


朝日杯FSは悶絶しました。


展望記事を抜粋いたしますと、


-----------
過去のレースを見て、強いと思えたのはサトノアレスとモンドキャンノの2頭なわけですが、なぜか鞍上が四位さんにバルザロールさんと大幅に劣化しております。騎手が最重要と考えている予想ブログでこれらの馬を本命にするわけにもいきません。
-----------


ええ。強いと思った2頭で決まっております。さもありなんといった結果でございますね。単勝も馬連も思った以上にオッズがついており、後悔先に立たずを体現するような形になってしまいました。


というわけで、嫌な過去は忘れ、さっそく糞騎乗のコーナーへと参りたいと思います。今週のワースト糞騎乗ですが、土曜日中山11RターコイズSでアットザシーサイドに騎乗した柴田善臣騎手に差し上げます。

※6枠11番の緑帽子


「もっと自分からハミを取る馬かというイメージを持っていましたが、3コーナー辺りから手応えが怪しくなってそのままでした。初めて乗ったので比較が出来ませんし、ちょっと分かりません」とは柴田善臣さんのコメントですが、あの上がりを見せておいて、馬のせいにするこのコメントはないのではないでしょうか?


2着馬のレッツゴードンキと比較しても、進路取りが良かったとは言えないように思います。


アンカツさんにまで否定されているあたり、やはり糞騎乗だったのではないでしょうか?

アットザシーサイド


糞騎乗を馬のせいにするようなベテランがいるから後進も糞なのですよと恨み辛みを言いたくなる今日この頃でございます。





では、それ以外の糞騎乗も紹介します。
(抜け漏れご容赦ください。Twitterもしくはコメントでご指摘いただけると幸いです。)


------------
◆日曜日
------------

中京10R シャンデリアハウス(秋山)
あいかわらずやる気の見えない騎乗ぶりでございます。スタート良かったのに、何故に位置取りを下げたのか理解に苦しみます。




スポンサーサイト


【12月第2週の糞騎乗】日本を代表する迷ジョッキー川田さんが香港まで遠征して糞騎乗。サトノアラジン悲願のG1制覇を華麗に阻止


阪神ジュベナイルFはソウルスターリング@ルメールさんが快勝。


レーヌミノル@蛯名さんも3着でしたし、本ブログをご覧の方でしたら簡単に取れたのではないでしょうか?


騎手で買ったら儲かるという簡単なレースでしたし、配当も余りつかなかったので特に感想はございません。


というわけで、早速、今週の糞騎乗のコーナーへと参りたいと思います。今週のワースト糞騎乗ですが、香港マイルでサトノアラジンに騎乗した川田騎手に差し上げます。


※馬番12番の黄帽子(ゲート番は8番)


大外ぶん回しを披露しながら、最後の直線で詰まるという目を覆いたくなるような見事な騎乗でした。


では恒例となりました競馬ファンの怨嗟の声をご覧ください。


川田よ、前見て追えよ、なんでアホみたいに大外通っておいてまっすぐ走る進路すら確保できないんだよ。

最後の足はすごかった。それだけにもったいない。香港であんな乗り方では勝てないのは川田以外の誰でも知っていると思うが・・・。

何で大外持ち出して詰まってんだよwダメな川田の典型だわ

凱旋門賞ハープスターのリプレイでしたね笑

ハープスターの時から全く学んでない。なにしに来たの?

川田は、凱旋門のハープスターの時に学ばなかったのかな?世界で最後方大外一気が決まるわけない。

ホントに凱旋門で何を経験したの?馬は世界のトップでも騎手の腕は二流の国なんだな。豊がいなくなったらどうなるんだ日本は?

ほんと面白い騎手だなぁ。どこ行ってもやってる事同じやんけ笑




皆様のコメントにもありました通り、ハーブスターでの失敗をまったくいかせておりません。自らの凱旋門賞制覇という夢を犠牲にしてまで、川田さんに競馬とは何かを教えたハーブスターさんが不憫でなりません。


まったくの無駄でございました。


それにしましても、香港ヴァーズではサトノクラウンをモレイラさんが勝利に導き、香港カップではモーリスをムーアさんが勝利に導いたことを考えれば、やはり騎手は大事としか言いようがありませんね。





では、それ以外の糞騎乗も紹介します。
(抜け漏れご容赦ください。Twitterもしくはコメントでご指摘いただけると幸いです。)


------------
◆日曜日
------------

阪神2R クリノフウジン(幸)
1000m通過64.4秒という超スローペースのレースで、好スタートを決めたクリノフウジンさんと大喧嘩してまで、控えた結果、馬券外に。さすが三流ジョッキーはやることが違います。


中京11R キンショーユキヒメ(秋山)
秋山といえば無気力。無気力といえば秋山。最後まで追えば馬券圏内だったと思いますが、そこで追わないのが秋山さん。さすがの無気力競馬でした。馬券を買われた方には心から哀悼の意を表します。



ブログランキングに参加しています。
多くの方に読んでいただくことで、より壮大なエンターテイメントを目指してますので、ぜひクリックお願いします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。