スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【10月第5週の糞騎乗】エイシンヒカリだけではない。武豊騎手が土曜日の新馬戦でも素質馬ベストダンスを飛ばす無双っぷり!!!


皆様、今週の天皇賞・秋はいかがだったでしょうか?


外国人騎手さんを買うだけの簡単なお仕事でしたので、的中された方も多かったのではないでしょうか?


外国人騎手偏重主義の私は当然の的中となりました。日本人騎手の皆さま、本当にありがとうございます。
天皇賞の展望記事はこちら


外国人騎手>>>>>日本人騎手は自明であります。


ちなみにルージュバック戸崎騎手が糞騎乗だったと話題のようですが、デムーロさんにうまく蓋をされる場面などは、どちらが昇りゆき、どちらが沈みゆくかの象徴のようにも思われ、思わず涙が零れるところでした。


本当のところはルージュバック戸崎さんよりも、エイシンヒカリ武さんのほうが糞騎乗だったと思うのですが、いかがでしょうか?


瞬発力勝負で優位に立てるわけでもないのに、ゆったりとした逃げを打つことにどういう意図があったのかお聞かせ願いたいものです。(まあ馬が進んでいかなかったようにも見えますが……)


で、今週の糞騎乗ですが、その武豊騎手が騎乗した土曜日東京5R新馬戦のベストダンスに差し上げます。


4枠5番のオレンジ帽子


広い東京コースにおいて、一体どれだけ詰まれば気が済むんだろうと思うほどに詰まっておりました。


ベストダンスさんに新馬の時点で、世の中の不条理を教え込むあたり、さすが武さんであります。


ベストダンスさんには理不尽な騎乗をしない上手な騎手の方があてがわれることを心よりお祈り申し上げます。





では、それ以外の糞騎乗も紹介します。
(抜け漏れご容赦ください。Twitterもしくはコメントでご指摘いただけると幸いです。)


------------
◆土曜日
------------

東京8R ワンショットキラー(大野)
追い出しを待った結果、前の馬をかわせず、後ろの馬に差されるという体たらく。ぎりぎりの戦いで計ったかのように競り負ける大野さんらしさが全開でございます。
7枠10番のオレンジ帽子


東京9R ダノンシーザー(デムーロ)
恒例の、いつも通りの、よく見た風景の、通常運転の、伝統芸の、様式美の「出遅れ」でございます。
6枠9番の緑帽子


------------
◆日曜日
------------

京都6R メイショウソウビ(武幸四郎)
ここ最近めっきり存在感のない幸四郎さんですが、相変わらずお下手なようです。スタート、道中、4コーナー、最後の直線とすべてが下手でした。
2枠2番の黒帽子


京都11R ベルーフ(藤岡康)
誰か馬鹿の康太さんに「位置取り」という概念を教えてあげてはいかがでしょうか?それにしましてもメインで康太さんを1番人気に祭り上げる競馬ファンの皆様の悪趣味っぷりには脱帽でございます。これは一種の苛めではないでしょうか?ここまで来ましたら、どこまで飛ばし続けるのか見てみたい気も致します。
6枠8番のオレンジ帽子





スポンサーサイト


【2016年9月第4週の糞騎乗】浜中騎手による特別レース大外ぶん回し3連発


ブログを始めてから初めての開催週ということで、もし糞騎乗がなかったらどうしようと思っていたのですが、そのような事は全くの杞憂でございました。


さすがへぼ騎手が多い中央競馬でございます。


その中でも今週のワースト糞騎乗は「浜中騎手による特別レース大外ぶん回し3連発」とさせていただきます。


とりあえずこちらの画像をご参照ください。


阪神9R 甲東特別 エテルナミノル 6着
浜中0926_9


阪神10R ムーンライトHC シホウ 8着
浜中0926_11R


阪神11R 神戸新聞杯 イモータル 8着
浜中0926_10R


3連発で大外ぶん回し、そしてすべて着外というのはさすがヘマ中さんです。


「特別レースは大外を回らないといけないから特別なんだ」とでも嘘を教え込まれているのでしょうか?


それとも「大外を回すとその分たくさん走らなければならない」という当たり前のことを浜中さんはご存知ないのでしょうか?


円周の求め方(円周=直径×円周率)を知っていれば誰でも気付きそうなものですが、いや公式を知らなくても気付きそうなものですが、頭を使えないことで有名な浜中さんなら、未だに気付いていないということも考えられないことではございません。(騎手デビューしてもう10年目らしいですが)


浜中騎手の周辺の方におかれましては、彼に小学校の算数を教えてあげるのが親切かと存じます。彼に小学生並みの知能があるのかは存じませんが……。


今後の浜中騎手の技術向上知能向上を願ってやみません。




ではそれ以外の糞騎乗をご覧ください。
(抜け漏れご容赦ください。Twitterもしくはコメントでご指摘いただけると幸いです。)


◆土曜日

中山5R クティノス(戸崎)

道中、中団にいたのに気づけば最後方。4コーナーにおいて大外の更に外へと進出する様はまるで月へと探索にでも行くのかと思わせるくらいアサッテの競馬でした。最内枠からこんな大外まで出かけていくなんて、その冒険心に心から敬服です。
※1枠1番の白帽子


阪神10R キンショーユキヒメ(岩田)

前が壁。割れるだけのスペースはありましたが、突っ込めず。以前の岩田さんなら躊躇なく突っ込んだだろうに残念であります。
※5枠5番の黄帽子


中山11R フミノムーン(勝浦)

最後の枠入れなのに出遅れ。スローペースなのに最後方待機。道中は折合いを付けれず。大外枠にもかかわらずインに突込み前が壁。さすが長年に渡って下手と言われ続けるだけのことはございます。
※8枠16番のピンク帽子


阪神12R エルプシャフト(Mデムーロ)

外に出すチャンスはありましたが、生かせず、直線で前が壁。馬がかわいそうです。
※1枠2番の白帽子


◆日曜日

中山7R スターファセット(柴山)

中山マイル・最内枠で大外ぶん回しとは恐れ入りました。
※1枠1番の白帽子


阪神10R マキシマムドパリ(武豊)

先行脚質のこの馬をどうして後方待機するのか「Mr溜め殺し」に小一時間ほど説明いただきたいものです。
※3枠3番の赤帽子


阪神11R カフジプリンス(岩田)

コース取りに失敗し、脚を大幅に余す。乗れてない岩田さんの象徴のようなレースで、涙腺崩壊でございます。
※3枠5番の赤帽子





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。